ALUGOの申込前に知るべきこと【競合比較+料金など】

ALUGO(アルーゴ)とは

アルー株式会社が運営する「短期集中型ビジネス英会話プログラム」です。

ALUGO(アルーゴ)

【特徴】
2ヶ月の短期集中型
スマホを最大限活用
25分の発話力テスト(ALUGOアセスメント)

【ここがオススメ】
①文法はバイリンガルが担当
②レッスンがスマホで完結
③成果保証

【ここに注意】
①文法レッスンの対応時間が限定的

入会金なし
Standard28.5万円+税
Lite21.8万円+税
Practice13.8万円+税

アルーゴの特徴、他社との比較

①2ヶ月の短期集中型プログラム

プログラムは1日2時間の短期集中型。

「ネイティブコーチ」×「バイリンガルコーチ」×「カウンセリングチーム」による伴走体制のサポートが受けられます。

ネイティブコーチ

スピーキングレッスンを担当。

バイリンガルコーチ

日本語を用いて文法トレーニングを担当。

カウンセリングチーム

計画どおりに実行できているかどうかの確認から遅れが出たときの軌道修正までを担当。

  • 学習相談
  • 日々の進捗管理
  • 宿題チェック
  • モチベーション管理

参考ALUGO(アルーゴ)受講生はどのくらい成長する?2ヶ月間の成果とは

 

②スマホを最大限活用

スマホでチャットツールや単語などのアプリを使うだけでなく、レッスンも携帯電話の利便性をフル活用して行われます。

携帯電話を使うことによって、音声の乱れがちなSkypeでは難しい「歩きながらのレッスン」なども可能です。

 

③25分のアセスメントテスト

アルーゴはスピーキング力を測定するために電話でネイティブコーチによるアセスメントテストを受けるところから始まります。

このテストで録音された音源をもとに熟練コーチが細かく分析し、12段階のレベルへの振り分けが行われます。分析結果はカリキュラム設計や学習プランにも反映されます。

参考ALUGOアセスメントとは何なのか?他のプログラムとの違いを徹底解説

 

アルーゴのオススメポイント

①文法はバイリンガルが担当

アルーゴでは文法レッスンをバイリンガルが担当するシステムをとっています。

これは母語が日本語の場合、英文法に関しては日本語で習うほうが理解が進みやすいことが理由。

英語の文法用語を覚えるよりも効率が良く、理解も深まります。

 

②レッスンがスマホで完結

スマホのみで予約〜レッスン〜フィードバックが完結します。定期的に課題が送られてきたり、「行動計画」や学習時間を記録して管理する「ALUGO進捗管理機能」も参照できます。

また、電話は先生からかかってくるので通話料は不要。さらにネットではないため、データ通信量がかさむという問題もクリアできます。

手元のスマホで空いている時間をフル活用して効率的に学習しましょう。

レッスンの時間

  • スピーキングレッスン:7時~23時
  • 文法トレーニング:18時~21時

 

③成果保証

ALUGOレベルが上がらない場合は無料延長保証があります。

 

アルーゴはやめておくべきビジネスマン

①TOEIC点数アップを目的にしている

アルーゴの目的は「ビジネスの現場で話せること」です。

これは別の見方をすると既存の英語力測定テストのスコアアップに焦点を当てているわけではないということを意味します。

もちろんアルーゴで2ヶ月間しっかりトレーニングを行えば結果としてTOEICなどの点数は上がる可能性が高いでしょう。

しかし、TOEICにフォーカスしたプログラムではないため、TOEICの点数アップを目指す人にとって効率的な手段とは言えないのです。

ではアルーゴでは2ヶ月の間、何をするのかというとALUGOレベルをあげるためのトレーニングです。

ALUGOレベルはLV1からLV12まであり以下のようにコミュニケーション力に関係した指標で算出されます。

ALUGOレベルの指標

  • Attitude / 積極的な姿勢
  • Speaking / 流暢さ
  • Listening / 聞き取り力
  • Grammar / 文法的な正しい発信力
  • Vocabulary / 語彙力
  • Logical Speaking / 論理的な発信力
  • Assertiveness / 関係を壊さずに主張する力
  • Active Listening / 積極的傾聴力
  • Relationship Building / 関係構築力
  • Management Communication / 部下指導力
  • Storytelling / 論理と感情を織り交ぜストーリーを語る力
  • Negotiation / 困難な状況でもWIN-WINを構築する交渉力
  • Facilitation / 参加者の合意度を最大化する議事進行

このようにビジネスコミュニケーション力アップに特化しているため、いますぐにTOEICのスコアが必要な人が選ぶプログラムとしては適していません。

TOEIC対策用プログラム

代わりにTOEIC対策用のプログラムを紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

参考RIZAP ENGLISH(英会話コース)のカウンセリング申込前に知るべきこと【競合比較+料金など】
参考PROGRIT(ビジネス英会話コース)の無料カウンセリング前に知るべきこと【競合比較や口コミなど】

※「PROGRIT」には2ヶ月でTOEICスコア200点アップを目指すコースがあります。

 

②現時点で英語の基礎力がない

ALUGOに申し込む時点で最低限のインプットや英語学習経験が必要です。

申込みフォームにTOEIC・TOEFL・英検などの点数をいずれか一つ回答する欄があります。

中にはレッスン回数をこなすことができずに脱落してしまう人もいるようです。ここは見栄をはらずにしっかり申告したいですね。

点数が以下に該当する場合はALUGOの基準を満たしていませんので他の方法を探しましょう。

ALUGOの申込基準

  • TOEIC495点以下
  • TOEFL44点以下
  • 英検準二級以下

 

③スマホを持っていない

アルーゴのプログラムにはスマホが必須です。

まず、レッスンは電話で受けるスタイルです。(予約した時間になると先生から電話がかかってきます。)

また、アルーゴの専用アプリでコーチがタイプしたテキストを確認する場面もあります。(ホワイトボード機能)

当然、スマホが必要になるんですね。

スマホの普及率から考えると、ビジネスシーンの第一線で活躍するビジネスパーソンがスマホを使っていない率は限りなくゼロに近いと思いますが、念のため、確認しておきます。

ちなみにアルーゴがSkypeではなくあえて電話を採用しているのは、ネット環境不要でユーザーがデータ通信量を負担する必要がないことや通話品質の安定感からとのことです。

 

アルーゴに向いているビジネスマン

以下に該当する場合はアルーゴをオススメします。

  • ビジネス英語のスピーキング力を確実に伸ばしたい
  • リモートで完結させたい
  • 仕事柄、予定が変わりやすい(頻繁にスケジュール変更がある)

 

アルーゴの料金

入会金なし
Standard28.5万円+税
Lite21.8万円+税
Practice13.8万円+税

料金の内容

  • Ⓐ ALUGOアセスメント
  • Ⓑ アセスメントフィードバック
  • Ⓒ レッスン
  • Ⓓ カウンセリング(マンツーマン)
  • Ⓔ 学習補助(マンツーマン)

 

アルーゴの申し込み方法

WEBからの申込みが必須

アルーゴの申込み時はWEBからの手続きが必要です。

レッスンまでの流れ

  1. サイトにアクセスし、情報入力
  2. レッスンを予約
  3. クレジットカードで支払い
\WEB申込み手続きへ/

更新日:

Copyright© ビジネスマンの英語特訓 , 2020 All Rights Reserved.