【比較】英語のパーソナルトレーニング

【トライズとライザップイングリッシュ】ビジネス英語コースの違い

「TORAIZ」「RIZAP ENGLISH」はビジネス英語にコミットするためのコースがありますが、違いは把握してますか?

  • トライズ:スピーキング本科
  • ライザップイングリッシュ:英会話スキルアップコース

パーソナルトレーニングを受けられる点は共通ですが、意外と違いはあります。

決め手になりそうな重要部分だけをかいつまんで見ると、だいたい6点といったところでしょうか。

このページでは両スクールで異なる部分だけまとめますね。

カウンセリングに行く前に確認してみてください。

 

【トライズvsライザップイングリッシュ】ビジネス英語コースはどこが違うのか

サポート体制

両プログラムではサポート体制(レッスン担当とコンサルタント)に関して異なる方針をとっています。

ToraizRIZAP ENGLISH
日本人コンサルタント+ネイティブ講師日本語ネイティブのトレーナーがレッスンと学習相談を担当

トライズはチームでサポート

トライズでは「レッスンを担当する講師」と「学習に関する相談相手(コンサルタント)」が異なります。

ネイティブ講師から25分のオンラインレッスンを週2回ペースで受けつつ、問題があればコンサルタントに日本語で相談する形です。

また、面談のために2週間に1回ペースでトライズセンターに通います。

ライザップイングリッシュは最初から最後まで一人のトレーナーが担当

ライザップイングリッシュでは専属トレーナーが「講師」と「学習に関する相談相手」を兼ねています。

レッスンを日本語で受けられる点は初心者にとって安心材料と言えるかもしれません。

なお、レッスンは50分×週2回です。

ココがポイント

ネイティブ講師にレッスンを受けたいのであればトライズ。日本人講師にレッスンを受けたいのであればライザップイングリッシュ。

 

グループレッスン

続いて、グループレッスンがあるかないかですね。

ToraizRIZAP ENGLISH
あり(毎週1回1時間)なし

トライズは最大4名までの少人数制グループディスカッションあり

週1回、他の誰かと英語でディスカッションをします。ネイティブ講師が進行役をし会議に近い形式で練習できます。

同じ目的を持った仲間と一緒に学習することがモチベーションを高めることにもなります。

ライザップイングリッシュはマンツーマン

ライザップはあくまでも講師と1対1で学習するスタイルです。

グループレッスンはレベルの違いによってうまく進まないこともあるため、マンツーマンを好む人も多いですよね。

ココがポイント

会議形式の練習をしたいならトライズ。あくまでもレッスンだけに集中したいのであればライザップイングリッシュ。

 

テキスト

使用するテキストに関してです。

ToraizRIZAP ENGLISH
市販のテキストオリジナルテキスト
市販テキスト

トライズは悩みに合わせて使い分ける

トライズにはオリジナルテキストがありません。

学習者の課題が様々であることからあえて作らないようにしているんですね。

ではどうするのかと言うと、コンサルタントが面談で悩みや目標をヒアリングして教材を選ぶ形です。

世にあるすべての英会話教材を対象とすることによってピンポイントで課題解決ができるんですね。

ライザップイングリッシュは両方使う

オリジナル教材を使いつつ、市販のもので補う形です。

単語のテキストや文法のテキストがあります。テストはオリジナルテキストから出題されます。

ココがポイント

明確な悩みを解決するならピンポイントで教材を選ぶトライズ式は優れていますね。

 

学習期間

「学習期間」もかなりの差があります。

どちらを選んでも1日あたり学習時間が2~3時間必要な点では変わらないのですが、総学習量には違いが出ます。

ToraizRIZAP ENGLISH
12ヶ月
合計900~1,000時間
2ヶ月または3ヶ月
合計240~360時間

トライズはアメリカ国務省付属機関FSIの調査結果を基準にしている

アメリカ国務省付属機関FSIのデータによると、アメリカ人のエリートが日本語を習得するには2,200時間がかるようです。

そのため、トライズではこれを根拠に日本人が英語を習得するまでには2,200時間かかると計算して900~1,000時間の学習を出しているのです。

(日本人は学校教育ですでに英語を1,200時間ほど学んでいるため、残りをトライズで補うわけです)

ライザップイングリッシュはコミット内容から逆算している

ライザップイングリッシュは英語力診断の結果をもとに最適なプランを提案する形をとっています。

  1. 基本的な英語でのやり取りや質疑応答ができる(2ヶ月)
  2. 日常や海外旅行においてさまざまな表現を用いて自分の気持ちや意見を述べられる(2ヶ月)
  3. 日常や海外旅行において、相手が話している内容を英語のまま聞いて理解できるようになる(3ヶ月)
  4. 仕事など身近なトピックにおいて、意思表明や情報交換など会話のやり取りを続けることができる(3ヶ月)
  5. ビジネス等のシチュエーションにおいて問題解決のための議論を行ったり、詳細の報告ができる(3ヶ月)

仮に①の場合、上記の目標をすべてクリアするまでの合計時間は13ヶ月かかることから結論としてはトライズとほぼ変わらないことになります。

ただし、そうなるとトライズのほうが金額は安いですね。

ココがポイント

金銭的に考えると、高い目標があるならはじめからトライズを選ぶほうがいい。

 

目標設定のレベル感

スピーキング力の測定にあたって両プログラムで「異なる基準」を使っているためわかりにくいですが、「目標設定のレベル」が異なります。

測定基準はこちら


ToraizRIZAP ENGLISH
VersantCEFR-J

比較表によると以下のレベルが同等なスピーキングになります。

※参照先はCEFRとなっていますが、CEFR-JはCEFRの日本版として作られたものです(CEFRはB1の次がB2ですが、CEFR-JはB1をB1.1とB1.2のように細分化しているのが特徴)。








Versant 79-80CEFR-J C2
Versant 69-78CEFR-J C1
Versant 58-68CEFR-J B2
Versant 47-57CEFR-J B1.2(ライザップのCommunication2コース)
CEFR-J B1.1(ライザップのCommunication1コース)
Versant 36-46(トライズの平均)CEFR-J A2.2(ライザップのPattern Speaking2コースまたはListeningコース)
CEFR-J A2.1
Versant 26-35CEFR-J A1.3(ライザップPattern Speaking1コース)
CEFR-J A1.2
CEFR-J A1.1
Versant 20-25該当なし

トライズの平均はVersantのスピーキングテストで45点

トライズの受講者は基本的に海外出張で質疑応答できるレベル以上を目指しています。

トライズ公式サイト で公表されているデータによると受講者平均はVersant45点ですが、受講者インタビューでは60近くまで上昇する例が多数あることからさらに上を目指すこともできます。

(全受講生約3,500人17,466回の受験結果)

参考VERSANT公式サイト

ライザップイングリッシュは脱初心者〜中級レベルも受けやすい

ライザップイングリッシュは「まずは基礎力をつけること」が目標の英語学習初心者も通っています。

そのため、受講者のレベルにはバラツキがあります。

ただし、採用しているCEFR-JによるとCommunication2コースを受講すれば数字上はトライズと同じレベルを目指すことが可能です。

(コースは最初の英語力診断によって決まるため、開始時のレベルがあまり高くなければCommunication2コースは受講できません。)

参考CEFR-J公式サイト

ココがポイント

初心者が最低でも海外出張で質疑応答できるレベルを求めるならはじめからトライズを選ぶほうがいい。基礎固めのために短期的にライザップイングリッシュを利用するのも手。

 

営業時間

営業時間の関係でいくつか差があります。

ToraizRIZAP ENGLISH
火~金曜日 13時から21時15分
土曜日 10時から17時30分
7時から23時
年中無休

トライズは日曜・祝日等休みあり

トライズは日・祝のほか、月曜日が空いていなかったりと営業時間は短めです。

定期的にセンターに通学しての面談もありますので頭にいれておいたほうがいいでしょう(ただし、オンライン対応は可能)。

受講者は自習室を自由に使うことができますが、メインの自習スペースとしての使い勝手はあまり良くないです。

ライザップイングリッシュなら自習環境の心配なし

営業時間が長いため、自習やセッションにも大きな問題は生じないでしょう。

早朝にセッションを受けてから出社することも可能です。

ココがポイント

営業時間に関してはライザップイングリッシュのほうが便利。

 

まとめ

以上を把握すれば、あなたにとってどちらが向いているかおおよその判断がつくと思います。

  • サポート体制
  • グループレッスン
  • テキスト
  • 学習期間
  • 目標設定のレベル感
  • 営業時間

カウンセリングに行く前に確認してみてください。

 

参考トライズ(スピーキング本科)の無料カウンセリングを予約する前に知るべきこと
参考RIZAPイングリッシュ(英会話スキルアップコース)の無料カウンセリングを予約する前に知るべきこと

-【比較】英語のパーソナルトレーニング
-,

Copyright© ビジネスマンの英語特訓 , 2020 All Rights Reserved.