ビジネスマンの英語学習

ビジネス英語を確実に身につけるための教材の選び方とは

あなたはすでに英語の教材を何冊も買ってしまっていませんか?

  • 初心者のための●●●
  • 1週間で完成
  • もっとも簡単な
  • ネイティブに学ぶ○○○

どれもこれも買いたくなるキャッチコピーですが、さっぱり身につかず数ページ読んだだけでまた新しい教材に飛びつくことを繰り返しているかもしれませんね。

しかし、本来、ビジネス英語を身につけるために必要な教材は何冊もあるわけではないんです。

このページでは「ビジネス英語を確実に身につけるための教材の選び方」を紹介します。

知らないと差がつく?ビジネス英語を確実に身につけるための教材の選び方

思い切って一冊だけに絞る

学生とは違い、忙しくて時間が確保できないビジネスマンほど量で勝負するのが難しいことは明らかです。

だから徹底的に絞りましょう。まずは1冊で大丈夫です。

一番ダメなのはあれこれつまみ食いを繰り返すこと。

  • 今使っているのよりもわかりやすそう
  • この本は最新ランキングのベストセラーなのか
  • 新しいテキストで気持ちを入れ替えてやり直そう

結局はおなじことの繰り返しになるでしょう。

ビジネス英語に必要なのは限られた表現ですから、1冊をマスターすればプレゼンや交渉でも最低限通用する表現が身につきます。

どうしても足りない部分は1冊をマスターした後で補うだけで十分なのです。

最高にシンプルなものを選ぶ

何年勉強しても一向に上達しない人は、本屋に行きページ数が多い分厚いテキストを選びがちです。

なぜなら、5,000円の教材が100ページしかなかったら損していると感じてしまうからですね。

  • 高い
  • もったいない
  • 厚いほうがお得感がある

しかし、それは出版社の罠に引っかかってしまっています。

実は出版社はマーケテイング戦略上、教材を売るために時にはいらない内容を掲載することさえあるんですね。

極限まで内容を絞ったパンフレットのような薄い本では売れにくいことをわかっているため、無駄なコラムでかさ増しします。

しかし、何年やっても身にならない学習者ほどコラムの内容ばかり覚えてしまって、肝心な重要フレーズは頭に残っていません。

一見すると、ためになりそうな内容が充実しているにもかかわらず、まったく使えないテキストは山ほどあります。

「誰にでも役に立ちそうな教材ほど誰にも役に立たない」ということをぜひ肝に命じてください。

購入前にアマゾンのランキングやレビューは必ずチェックする

実はアマゾンランキングの上位にランクインする英語教材は良本揃いと言われています。

多くのユーザーの厳しい目に晒されるアマゾンで怪しい本がランクインすることは難しくなっているんですね。

  • 覚えなくても良い表現
  • 出るはずのない単語
  • 著者の体験談を強調した自己啓発書に近い内容

このような教材が上位に入ってくることはまずありません。

教材選びに自信がなければ、まずはアマゾンのレビューを見てから購入を判断しましょう。

不要なものは今すぐに捨てる

使えなくてももったいないからと手元に置いておくことは目移りの原因になります。

早急に処分してしまいましょう。

捨てるのに心理的な抵抗があるならネットで売ることだってできます。

たとえ、線が入っていたり、ダメージがあっても、BOOK OFF買取やamazonでの出品なら多少なりとも値はつきますから、今後英語を学習するうえで足しになります。

まとめ

すでにあれこれ買ってしまっているあなたは1冊と言われてどの教材を選べばいいかわからないかもしれません。

そういう場合は、英語のパーソナルトレーナーの力を借りましょう。コンサルティングであなたの現状を把握したら、やるべき教材を徹底的に絞ったうえで提案があるはずです。

パーソナルトレーナーが単なる英会話スクールと違うのは、横並びで同じテキストを使うのではなく、あなたにあったテキストを適切に選んでくれるところ。

さらにトレーナーが徹底したスケジュール管理のもとで伴走する役目を果たすことで、1冊をやる途中でわからないことがあっても確実に解決でき、あなたはゴールまで完走できます。

パーソナルトレーナーはあなたがはじめて1冊をやり抜く上でこれ以上ない味方になってくれますよ。

参考ビジネス英語力UPに必要なのは「専属コーチ」のバックアップだ

-ビジネスマンの英語学習

Copyright© ビジネスマンの英語特訓 , 2020 All Rights Reserved.