ビジネス英会話対策

2020/7/29

スパルタ英会話の無料体験前に知るべきこと【指導内容や成功事例など】

スパルタ英会話とは 株式会社スパルタ英会話が運営する「短期集中型英会話スクール」です。   スパルタ英会話(ビジネス英会話カリキュラム)の特徴 会話重視の短期集中型カリキュラム コンサルタントによる徹底的な学習進捗管理のもと、ビジネス英語やカスタマイズされたオーダーメイドの英会話レッスンを受けられます(1,2,3,4,6ヶ月)。 日本人コンサルタント×ネイティブ講師による連携サポート 専属コンサルタント:学習指導と進捗管理 ネイティブ講師:英語指導(マンツーマンレッスン × 通い放題のグループレ ...

2020/7/29

Berlitz(短期集中コース)の無料体験前に知るべきこと【競合比較+料金など】

Berlitz(ベルリッツ)短期集中コースとは Berlitz・Japan株式会社が運営する短期集中型ビジネス英会話学習プログラムです。 Berlitz短期集中コースの特徴、他社との比較 ①急なビジネス英語力強化のニーズに対応(1週間〜2ヶ月間) ベルリッツの短期集中コースは、時間の限られた中で効率的に英会話力を向上させるコースです。 「日本人カウンセラー」と作成した学習プランはすぐに「外国人講師」に共有され、最短翌日からマンツーマンレッスンスタートします。 短期集中コース 25レッスン / 50レッスン ...

2020/7/29

スタディサプリENGLISH(ビジネス英語コース)の無料体験前に知るべきこと【成功事例や向き不向きなど】

スタディサプリENGLISHビジネス英語コースとは 株式会社リクルートマーケティングパートナーズが開発した「ビジネス英語用のアプリ」です。 TOEIC対策はこちら   スタディサプリENGLISHビジネス英語コースの特徴 ①実践的なビジネス英語がアプリで効率的に身につく レッスンは脚本家が監修したオリジナルのドラマ形式で展開。 リアルなビジネスシーンに基づいたストーリーの中で使える表現を学びます。 アプリに沿って進めるだけで、「使えるビジネス英語を学ぶところ」から「話せるようになるための本格的な ...

2021/4/2

24/7ENGLISHのカウンセリング申込前に知るべきこと【競合比較+料金など】

24/7ENGLISH(トゥウェンティーフォーセブンイングリッシュ)とは 株式会社トゥエンティーフォーセブンが運営する短期集中専門のマンツーマン英会話です。   24/7ENGLISHの特徴、他社との比較 ①専属のバイリンガル講師から日本語で英語を学ぶ 24/7ENGLISHでは「英語」は「日本語」で学んだほうが早く身につくというスタンスをとっています。 日本語は言語的にかなり特殊なので両方の言語の違いをわかっている講師から学ぶことこそがもっとも重要なんですね。 バイリンガル講師だから日本語が通 ...

2020/7/29

RIZAP ENGLISH(英会話コース)のカウンセリング申込前に知るべきこと【競合比較+料金など】

ライザップイングリッシュ(英会話コース)とは RIZAP ENGLISH株式会社が運営する短期でビジネス英会話にコミットするプログラムです。 + 地図を見る 新宿店 新宿御苑店 池袋店 銀座店 渋谷店 日本橋店 赤坂見附店 秋葉原店 新橋店 TOEICのコースはこちら ライザップイングリッシュ(英会話コース)の特徴 ①専属トレーナーとのマンツーマンスタイル(最短2ヶ月) ライザップ イングリッシュのトレーニングは専属トレーナーとの完全マンツーマン学習です。(他の受講者との交流はありません。) 最初から最後 ...

2020/12/10

PROGRIT(ビジネス英会話コース)の無料カウンセリング前に知るべきこと【競合比較や口コミなど】

PROGRIT(ビジネス英会話コース)とは 株式会社PROGRITが運営するビジネス英語のコーチングプログラムです。 TOEIC対策はこちら PROGRIT(ビジネス英会話コース)の特徴 ①2ヶ月の短期集中 PROGRITの受講生は「専属パーソナルコンサルタント」のコンサルティングを受けながら2ヶ月※毎日続けます。 1日3時間程度 ≒ 月80時間 ※より高い目標を設定する場合は3ヶ月コースもあります。 専属パーソナルコンサルタント 直接面談(週1回)やLINE(毎日)などで学習報告を行います。学習をしてい ...

2021/4/2

TORAIZ(通常プログラム)のカウンセリング申込前に知るべきこと【競合比較+料金など】

TORAIZ(通常プログラム)とは トライオン株式会社が運営する英語学習プログラムです。 TOEIC対策はこちら トライズ(通常プログラム)の特徴 1年間で合計1000時間の本気学習 日本人が英語を習得するのにかかる時間は2,200時間と言われており、学校教育ですでに終了している1,200時間を引いた残りの部分(1,000時間)をトライズで補うというコンセプトです。 トライズのプログラムは1日3時間、月に80時間の学習を12ヶ月続けるというもの。学習進捗はシステムで管理されており、日単位、週・月ベース、年 ...

他のキーワードで再検索

Copyright© ビジネスマンの英語特訓 , 2021 All Rights Reserved.